h1title.gif

志村 未帆

 読書そのものよりも翻訳という営みの方が好きなのかもしれない、という翻訳みならいです(長い片思い中)。活き活きとしたリズムや独特なグルーブを感じる文章に出会うと、訳してみたい!と興奮します。アメリカのローカルな土地を舞台とした小説や、書き手の熱い思いが伝わるノンフィクションが好き。翻訳以外で好きなのは音楽を聴いて踊ること。寒いのは苦手ですが、Windy CityとMotor Cityの音には縁を感じます。